注目キーワード
  1. 転職サイト
  2. 人材紹介会社

子育てと両立できる転職先探しのコツ

 
質問者
子育てしながら働きたいんですが、どんな企業がいいでしょうか?

ここでは、そんな質問に答えます。

これから出産して子育てをしながら働きたいと思う女性の方も多くいらっしゃると思います。

そういう人への転職先探しのポイントは2つあります。順を追って解説します。

①社員数が多い企業

まず、一つ目は「社員数が多い」会社です。ベンチャー企業よりは大企業ということですね。

確かに社員数の多い企業やベンチャー企業で働いているワーキングマザーも大勢いらっしゃることだと思います。子育てと両立してバリバリやられている人がいるのも確かです(こういう方はよくTVなどに出てきますね)

ただ客観的に見た場合、人数の多い企業の方が働きやすいと私は考えています。それはあなたが休んだ時もカバーできる体制が整っているからです。

小さいお子さんは急に熱を出したり、定期検診に連れて行くなど、どうしても休まざるを得ない時も多いと思います。

小規模の企業では、あなたの代わりがいないケースも多いです。そんな時、申し訳なく思いながら休んだとしても、有給扱いになった上、自宅にPCを持って帰ってやらないといけないケースもあります。

これに対し、大企業では「今日はお休みいただきます」とさらりと言って休めます。気持ちの持ち方も違ってきますよね。

「できるだけ社員が多い企業を選べ」それが私の持論です。

余談ですが、時短勤務だと(フルタイムで働く社員に比べ)給与が下がってしまうケースが多いです。ただ私の知人がいる企業では、お子さんが小学生に入るまでは時短勤務でも給与は同じとのこと。

自社サービスの対象者が30代のママさん世代なので、できるだけ多くの同じ立場の人に安心して働いてほしいという経営者の考えだそうです。

②産休・育休実績の多い会社

できるだけ大勢いる会社を選べといったのには別の理由もあります。それは産休・育休をすでに取った先輩方がいることです。

これが人数の少ないベンチャー企業だと、「産休・育休制度」と書かれてても取得実績ゼロという企業はざらにあります。

そうした企業よりも、すでにとっている社員が多い企業であれば、あなたも安心して勤務できるでしょう。

制度にあって取っている社員がいるかどうかは、口コミサイトなどを参考にしてみると良いと思います。求人票だけでは本当に姿は見えてきません。

関連記事

  質問者 いま受けている企業の評判を知りたいです ここでは、そうした質問に答えます。 必ず評判はチェックすること 転職活動で内定をもらった会社に行くかどうか判断するタイミング、もしくは次が最終面接[…]

面接で「妊活します」と宣言してみるのも手

これからお子さんを作る予定の人は、面接で「妊活したいと思っています」と堂々と宣言してみるといいと思います。

その際に、少しでも表情を曇らせた面接官がいたら、どんなに面白い仕事でも、その企業は止めておいた方が賢明でしょう。

残念ながら子育てにいい顔をしない会社はまだたくさん存在します。そんな会社はこちらから願い下げですね!