注目キーワード
  1. 転職サイト
  2. 人材紹介会社

スカウトメールに騙されるな!

 
質問者
スカウトメールが届いたけど、これってどんなものなの?期待していいのかしら?

ここではそんな質問に答えます。

これがスカウトメール

転職活動をしている中で、転職サイトに登録していると、企業からのスカウトメールを受信したことはないでしょうか。「スカウトされた!」と思わず舞い上がってしまった方もいるのでは?

例えばこんなメールが届きます。

直接私がお会いしたく、直々にメッセージをさせていただきました。 この度、レジュメを拝見し、とても興味を持たせていただきました。
とはいえ、現場の中で大変重要なポジションに従事されておりますし、すぐすぐには動けないことと存じます。まずはカジュアルなタッチポイント程度でも全然構いませんので、お話をする機会をいただけましたらと考えております。

これを見て思わず「スカウトされたぜ」とガッツボーズを上げる人もいると思います。

私も過去にそんなことがありました・・その会社のサイトを見に行って、もう働いてる気でいました(笑)

ところでがどっこい、これって各求人サイトで企業が使える機能で、希望条件に当てはまる人を検索で表示し、メール本文もテンプレートのものをそもまま使ってくれるんですよ。

社長や事業責任者の名前で送られてはいますが、送ってるのは人事担当者だったりします。

数日経つと再送してくれる便利な機能もあったりします。

スカウト=通常の面接です

確かに書類選考をスルーして、一気に面接に行くことはできるんですが、いきなり「あなたのこれまでの経歴とアピールポイントを話してください」なんて切り出され、「おいおい、スカウトしてきたんだからお前の会社紹介を先にしてくれよ」と思ったのは一度ではないです(笑)

もちろん優秀な人材を(企業側から)探して声をかけようという、本来の意味での「ダイレクトリクルーティング」ができている企業もあるんですが、そうではない企業も多いことに注意が必要です。

期待せずに、その企業の研究をして、普通の面接のつもりで行くべきです。

「カジュアル面談です」と言われた場合の対処法

また場合によっては、企業柄から「面接ではなくカジュアル面談です」と言われる場合もあると思います。

カジュアル面談とは、選考を伴う面接ではなく、お互いのことをフランクに話す場です。

基本的に履歴書や職務経歴書は必要ありません。

あなたがその企業に興味を持った場合、その場で採用となる場合もあれば、改めて書類選考からスタートという場合もあります(企業によってまちまちです)

ただ企業によっては、ある程度の選考の場と位置付けている企業もあるため、注意が必要です。

念のためプリントアウトして鞄の中に入れておくか(場合によってはその場で提出しましょう)、出さなくてもこれまでの経歴、自己紹介や今回転職を考えている理由などは一通り話せるようにしておいた方がよいと思います。

頑張ってください!