注目キーワード
  1. 転職サイト
  2. 人材紹介会社

辞めたくても辞められない、そんな貴方に

 
質問者
めでたく内定をいただいたんですが、なかなか現職に退職を言えません。どうしたらいいでしょうか?
この記事ではそんな質問に答えます。

辞めたい場合、退職日はいつがいい?

転職活動で希望の企業から内定をいただいた後にすること、それは恋人と喜ぶことでも友人と祝い飲みすることではないです。

現職に「退職します」と意思表示することです。

先方もあなたの1日でも早い入社を待っています。

新しい仕事は止めて、引継ぎをもれなく行い、有給消化して退社できるように退社日を決めてください。

ちなみに入社タイミングは遅くても2ヶ月先が目安。あまり遅くなると先方も退職調整もできない人なのか・・と思われてしまいますよ。

現職へ退職意思の伝え方

退職の意思は通常、直属の上司に伝えることが多いと思います。

「ちょっとお話が・・」と話を持ちかけ、「実は○月で退職したいんです」というあれです。

これは内定を貰ったらできるだけ早く伝えるようにしましょう。

普通の会社であれば、引き留めはあったとしてもすんなり辞めさせてくれる筈です。

が会社によっては、なかなか退職の意思を受け入れてくれなかったり、延々と引き留め交渉をしてくる会社もあります。

そういう場合は、どうしても退職したい旨を話し、上司を説得するか、それでも駄目な場合は、2週間以上先の日程を書いた「退職願」を上司に出せばOKです(退職願の書き方はコチラ。なぜ2週間なのかはコチラ

自分の口で言えないときの対処方法

できれば自分の口で言うか、最悪退職願を出すのがベストなやり方です。

「上司の性格を見定め、どうやったら受け取ってくれるか」を考え行動するのは、どの仕事でも必要な交渉力ですね。

どうしても駄目な場合は「退職代行会社」を使うという手もあります。

退職の言葉を口にしただけで、何を言われるか分からない「ブラック会社」であれば検討してみるのも手でしょう。

あなたに代わって会社側と交渉し、退職まで持っていってくれます。